賃貸住宅にも、地震保険を付けるべき!?

2018年06月29日

先日の大阪地震を受け「地震保険へ加入した方が良いか?」 との問い合わせがありましたので

≪賃貸にお住いの方にとっての地震保険≫を考えました。

POINT1:建物はオーナーの所有なので、入居者が加入するのはご自分の家財に対しての地震保険となります。

POINT2:地震保険の補償額は、火災保険の補償額の30%~50%まで。

POINT3:実際に受け取れる保険金は「全損(100%)」「大半損(60%)」「小半損(30%)」「一部損(5%)」の4つのレベルに応じて支払われます。(カッコ内が受け取れる保険金の割合)

⇒火災保険に比べると、地震保険はリスクに対して割高です。地震保険の趣旨は「被災者の生活の安定に寄与する」ことであり、「災害物件の復旧」を目的とする火災保険とは根本的に異なる制度なのですね。

最終的には、地震保険の加入は個人の判断です。貯蓄・リスク・保険料のバランス等を考慮してご検討ください。

0629ブログ